プロテインと併用すると良いもの

プロテインと青汁を一緒に飲む効果

プロテイン,併用,効果

 

プロテインと青汁はどちらも栄養が豊富ですが、それぞれに欠けているものを上手く補い合うため、栄養の過剰摂取になりにくい組み合わせになります。それぞれに含まれている栄養素が、お互いの働きを強化するので相乗効果が期待出来ます。

 

プロテインの主成分はタンパク質はで、これに代謝に関わるビタミンB群を中心にしたビタミンが配合されているものがほとんどです。青汁は原料が野菜で、ビタミンやミネラルや食物繊維が豊富に含まれているがタンパク質の含有量はかなり少ないです。

 

ビタミンで多いのはβカロテンやビタミンEやビタミンC等で、ビタミンB群で特徴的なのが葉酸でプロテインと比べるとあまり重視するものではないです。沢山摂取したとしても、過剰分は排出されてしまいます。このため栄養素が過剰摂取になる心配は、ほとんどないです。

 

一緒に摂取する事で期待出来る効果には、運動効率が上がり筋肉が付きやすくなります。青汁から摂取出来るミネラルは、たんぱく質が筋肉を作るサポートをする働きがあります。ミネラルは運動をした時に、筋肉を早く取り除くのにも効果的に効果を発揮します。

 

無理なく運動が続けられやすくなり、運動の効率が上がります。ビタミンB群は脂肪燃焼効果があるため、疲れにくくなります。

アミノ酸とプロテインを一緒に摂取する

プロテイン,併用,効果

 

BCAAとは分岐鎖アミノ酸と言われるもので、必須アミノ酸であるバリンとロイシンとイソロイシンの事です。人間の筋タンパク質中のアミノ酸のBCAAの割合は35%で、筋肉を増やしていくには影響力が強いです。

 

運動中には筋肉を付けるために、運動自体は栄養が足らないと筋肉を減らしてしまいます。運動直前や運動中にBCAAを摂取して、筋肉中と血中のBCAAの濃度を高くする事で筋タンパク質の分解をされる量がかなり減らせます。

 

運動後は傷ついた状態になっていて、筋肉を太くするゴールデンタイムに入っています。タンパク質やアミノ酸が出来るだけ早く摂取する必要があります。トレーニング直後にプロテインを飲むのも良いが、吸収するまでに3.4時間かかってしまいます。

 

しかしBCAAであれば、吸収するのが早いので筋肉合成に必要な栄養を効果的に摂取出来ます。バックアップの時間も長くなり、トレーニング効果が上がります。ダイエット効果もあり、定期的に摂取して運動を行うと筋肉の分解を極力抑えて脂肪を減らせます。

 

BCAAは筋肉で消費されていくが、過剰摂取になると肝臓で代謝されて腎臓から排出されていきます。腎機能や肝機能が元々良くない人は負担が大きいので、摂取を控える方が良いです。

プロテインをお湯で割る場合

プロテイン,併用,効果

 

プロテインを温かくして飲みたい場合、人肌程度のぬるいお湯や牛乳で溶かして飲みましょう。プロテインにはホエイやカゼインやソイ等の種類があり、大きく分けるとこの3つになります。ホエイとカゼインは牛乳から作られているので、動物性プロテインです。

 

ソイは主に大豆から作られているので、植物性プロテインです。ホエイプロテインは、熱湯で溶かしたり沸騰させたりレンジで加熱をしたりすると70度を過ぎた辺りから変熱性が起こります。変熱性とは生卵がゆで卵に変化をするように、ある温度から構造が変化して固まったりする性質の事です。

 

栄養成分としては変わらないが、ダマのようになるので固まってしまい飲みづらくなります。また吸収も悪くなるので、消化に時間がかかってしまいます。もしも人肌以上の熱いホットで飲みたい場合は、カゼインプロテインやソイプロテインが70度を超えても変熱性は起きにくいので適しています。

 

お湯で割る場合は、シェーカーに必要量の水の半分を入れて粉を入れてシェイクをします。ドロッと溶けたら残りの半分は水の代わりにお湯を入れて、再びシェイクします。この時は軽くシェイクをするだけで出来上がりです。

マッスルエレメンツHMBサプリの通販購入はこちら!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。